« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

群馬雪まつり

昨日はちゃんと縄を持参してCRFで出勤したのですが、

会社から帰宅命令が出たときにはすでに15cm程の積雪があり、

「バイクで帰って事故られたら困る。」とのことでタクシーにて帰宅しました

それでもタクシーは道が混んでいるのと、

あの積雪で呼んでから2時間ほど待ち、

いつもなら30分で帰れるところを1時間以上かけて帰ってきました

まぁ道中、運転手のおじさんと色々お話が出来たので飽きませんでしたが

Img_4958

それにしても良くもまぁこんなに降り積もりましたね

先週の40cmの雪をかいてそこそこ疲れたのに、

今回はその倍くらいは積もりましたからクタクタです

結局近隣のお家のカーポートはことごとく折れてしまい、

車ごと潰れているケースが多いようです

ウチはボロいガレージなのですが何とか持ちこたえてくれています

でも怖いので雪かきをし、車は外に出しておきました

道路も除雪が間に合わない様子で全くの手付かず・・・。

明後日の出勤は無理かなぁ

ちなみにこんな時に次男が昨日インフルエンザと認定され、

家内感染するかどうか心配ですわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドこんじょー

昨日は大きな浮き輪に縄をつけて

その上に子供を乗せて引っ張り近所を一周していたり、

ひたすら雪かきをしたせいか、あちこち筋肉痛で身体が痛いです

そんな中、CRFで出勤したわけですが、

予想通り日陰の場所などはバリバリのアイスバーンになってました

Img_4935 Img_4936

でも、昨日の内に前後のタイヤに縄をチェーン代わりに巻いておいたため、

大して滑ることなく出勤することが出来ました

しかし、家に戻る頃にはリアタイヤの縄は全て切れてしまい

無くなってしまいました

まぁせいぜいもって30kmってトコでしょうか。

ちなみに会社の人達には「バイクで来るなんて」と呆れられました

明日も気を付けて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪どんくらい?

結構降りましたねー

結局朝から晩まで降り積もり、

ウチの周りでは20~30cm程積もっているのではないでしょうか?

明日はアイスバーンと雪かきで忙しくなりそうです

Img_4919

日中は子供達と雪合戦や雪だるま、かまくら等を作ろうと試みましたが、

雪がパウダースノーになっており固まらず・・・

またCRFで走れるものなのか挑戦してみましたが、

空回りしてしまいまともには走れませんでしたね

月曜日までに解けるか心配です・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ばくおん!

いま『ばくおん!!』というバイクマンガを

レンタルで借りて来て読んでいるんですが、

これがまたなかなか面白くってですね~

買ってしまおうかとも思っています

内容としては高校のバイク部に所属する女子高生の話なのですが、

内容がなかなかリアルでして、

このメーカーは壊れやすいとかこのメーカーに依存する人はなどなど・・・

私達が当時仲間と話していたことそのまんまって感じで、

懐かしさも感じられます

また、普段ならあまりマンガとかには出てこないようなセロー225に乗っていたり、

有名なマンガの『キリン』と掛けているのか

「鈴乃木凛(スズノキリン)がカタナに乗っているのは偶然か?」

とも思わせるような内容がまた良いですね

つーか題名も『けいおん!』と似てるのは気のせいかな?

そんなこんなで、ふと走りたくなり

最近エンジンすらかけていないNSR50に跨って近所を爆走してまりました

日中は暖かかったのですが日陰は寒く、

滑り止めの砂まで撒いてある始末・・・

暖かくなってきたのでライダーさんを良く見かけますが、

路面状態は思ったよりも悪いところがあるので気を付けましょう

今年は通勤だけでなくツーリングに行きたいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぐや姫の物語

Img_4865

先日スタジオジブリ作品の『かぐや姫の物語』を見てまいりました

もう上映が終わるのか1日1上映ほどしかやっておらず、

各席もガラガラで「貸し切りか?」と思うほどの状態でした

内容は『かぐや姫』そのまんまなのですが、

それでも「久々にジブリ作品で良い作品を見た」と思えました

宣伝でも言っていたとおり絵のタッチがすばらしく、

CG等を使用しないで直筆での表現、

絵本とは違いタケノコの感情や成長などといったストーリー性も

高く評価できると思います。

淡く切ないかぐや姫のお話、良かったです

BD出たら買おうかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »