« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

現在の欲しいものリスト

最近になって気になる新作のフィギュアやら玩具が出てしまって、

お金のやりくりが大変です

すでにねんどろいどの『初音ミク 浴衣ver』と

『桜ミク』は予約してしまっている上に、

今度は『GUMI』と『Lily』まで発売されるようで

こちらも手に入れたいですなぁ

それに加え、完全受注生産で『仮面ライダーディケイド』に登場していた

キバーラ』が現在予約開始しているので、

こっちも欲しいしなぁ

物欲の嵐ですわ

しまいには、そろそろ例のモノを考えねばならず、

もう必要ないだろうと思っていた仮面ライダーのベルトを

まだ欲しがっている長男のプレゼントをどうしたものか・・・

つーか、仮面ライダーシリーズの放送開始が9月にズレ込んでから、

まったくもってベルトが手に入りにくくなりましたね

もう万代などでは高値で取引されており、

スーパーや百貨店などでは常に品薄状態・・・

年が明けた2月くらいには出回るのですが、

それではクリスマスに間に合わんのだよ。バンダイさん

はてさてどうしたものか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型はトラブルが多い?

先日富山へツーリングへ行ったときと、

帰ってから通勤で乗っていているときに気付いたのですが、

CRFのオイル点検窓あたりからエンジンオイルが滲み出ているような跡を発見

販売店のメカニックさんに言ってみたらHONDAに問い合わせてくれたそうで、

無償修理の許可が出たみたいで、

初回点検がてらドック入りさせてこようかと思っています

Dsc00975_3

やっと出た『キノの旅16巻』

最近は年に1巻のペースでしか刊行されないので、

忘れてしまいそうになります

今度出張に行くので、

途中から全然読んでいない『永遠の0』と一緒に

集中して読破したいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信州ぐるり旅

何でもテレビでやっていたのか、

長野県池田町の大峰高原にある『七色楓』という

木の紅葉が綺麗だという事を嫁さんが知ったらしく、

昨日行って見てまいりました

行きは高速を使用し麻績ICで下り

ナビ通りに進むもだんだん道は狭くなり、

仕舞いには「なんじゃここはー」ってくらいの山道を走らされました

今しがた地図で確認してみると、

県道55号線でひたすら行ったらしく、

差切峡や大町市役所支所を通りましたね。

差切峡は車を止めれるような路肩があまりなく

車内からも見れなかったので残念ですが、

足を止めて見ればさぞ絶景だったのではと思います

結局大峰高原には北側の林道のような細い道から入ったのですが、

これまた広葉樹の綺麗な森でして森を散策したくなるような場所でした。

途中管理棟?の駐車場に止めて少し戻ると、

Img_3087

このように北アルプスを望める場所がありました

もう少しして山に雪が積もるとさぞキレイなのでしょうなぁ

そこから少し進むと見えてきました七色楓

Img_3137

もう駐車場からしてお祭り騒ぎで地元の屋台も出ていました。

それにしても初めて見ましたがとても綺麗でしたね

Img_3161

1本の木でこうも紅葉の具合に違いが出るのかってほど、

赤・黄・緑・黄緑など様々な色に染まっており、

四季を通じて様々な顔を見せてくれるそうです。

なんでもNHKの『いないいないばぁ』の曲に使われたとか・・・。

その後、以前行った事のある安曇野の『そば処あさかわ』で

新そばでも食べようと行ってみるも大混雑

着いたときには駐車場も空いていない状態で、

すでに1時間半待ちだそうで諦め

『安曇野アートヒルズミュージアム』を見学。

『月夜野ビードロパーク』もそうですが、

ガラス細工ってのは繊細でかつ、とても美しいので見ていて飽きません

Img_3190

それでも子供達は飽きたのか、

併設しているお土産屋兼直売所にて軽く昼食にしました。

さすがリンゴの産地長野だけあって、

おやきとリンゴ系の食べ物には困りません

Img_3191

ちなみにこれはアップルソフト

つぶつぶしたリンゴが混じっており、

さっぱりしていてまるでジェラードのようでした

その後は『大王わさび農園』へ寄り、

Img_3215

時季外れ?のボート遊び

まぁ、日も暖かかったこともあり悪くなかったですね

夏場だったら飛び込みたくなるような水の透明さと、

パドルを漕ぐ楽しさ

またガイドのお兄さんの巧みな話術が面白く、楽しかったです

何だかカヌーかカヤックが欲しくなってしまいました

Img_3235

陸に上がってからは『わさびコロッケ』を食べ、

店内でお土産を物色

子供達は試食をするもほとんどの物にわさびが入っているため、

「うえ~」っと食べては喚いていました

Img_3260

最後の締めくくりに松本トンネル近くの

『浅間温泉 湯々庵 枇杷の湯』で入浴してきました

ここの温泉の建物は古民家と言うより武家屋敷のような造りで、

とても趣がある純和風のすばらしい家でした

またお風呂も露天は総ヒノキ風呂と、

良い大工さんがこしらえたような立派な湯船に入れて

とても気持ち良かったです

温泉は単純泉でしたが上がった後も体がポカポカしますし、

温泉自体飲めるそうです。

今回は外にある野天風呂に入り損ねたので、

また行ってみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大自然を満喫

だいぶ秋も本格的になってきたのか寒くなり、

我が家では今日からこたつが登場しました

もっと寒くなってくると、家の周辺も紅葉がキレイになると思います

ところで、富山のツーリング第3話。

10月8日の帰りは

『おおかみこどもの雨と雪』でもチラッと登場した『称名滝』を見に行こうと、

かなり遠回りですが行ってみました。

Img_2173 Img_2175

途中、神通峡に寄ってみると朝霧が立ち込めており、

幻想的な感じでした

Img_2181

これまた途中の猿倉山スキー場でやっていた

『神通峡美術展』の巨大カブトムシ

ステンレス製ですかね?「良く作るよなー。」って感心してしまい、

また細部まで良く出来ているんですよ立派ですわ

Img_2237 

そして、とうとう来たぞ称名滝

立山駅から更に奥へと進み、駐車場から歩くこと15分くらいでしょうか。

落差350mで日本一大きな滝だそうで、

何度か室堂まで行くバスから小さく見たことはありましたが、

こんなにまじかで見られるとは知りませんでした

Img_2257

称名滝までの道のりはご覧のような谷間になっており、

長い年月によって削られたのでしょうか?圧倒的な斜面でした

とりあえず時間も差し迫ってきていたので、

そのまま有峰林道へと向かいましたが立山駅前の看板を見てみると、

まだ10時だと言うのに『美女木平まで3時間待ち』とのこと

上の方は紅葉真っ盛りなので観光客も多いのでしょうが、

こんなにもひどいとは・・・

Img_2273 Img_2282

それはさて置き、お金を払って有峰林道へ突入

10年程前に来たときと変わらない風景でしたが、

キラキラ輝く湖面の青さと山の緑、

空の水色といった鮮やかな風景が続き、

更に山を登っていくと・・・

Img_2318 Img_2310

木々の合間から立山かと思ったら太郎山?ですかね

それにしても雄大な景色でした

そこから急いで国道41号線へと戻り、

安房トンネルを抜けてUターン。

目指すは乗鞍高原のせせらぎの湯

Img_2327_2 Img_2331

いつ来てもここのお風呂は良いですね

ここに来ると以前お世話になった

『ペンションありす』にも泊まってみたいものですが、

なかなか機会がありませんで・・・

ここからは時間があったらビーナスライン経由で

群馬まで戻ろうかと考えていたのですが、

14時を回っていたので三才山の最短コースで帰りました

今頃は称名滝や上高地は紅葉が見頃なんでしょうね

ちなみに、4日間での総走行距離は563.7km。

有峰林道が効いたのか尾てい骨は痛いわ、

足がつりそうになるわで大変でした

しかし、久々にこんなに走ることが出来て楽しかったです

次のロングツーリングに行くのはいつになることやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRF林道でびゅー

Img_1603

上高地へ行った翌日、せっかくオフ車を買ったのだからと

実家の裏山にある林道へ走りに行ってきました

以前車で走ったことがあったのですが、

対向車とすれ違えないところがあるのにも拘らず片側は崖だったこともあり、

それ以来、この道へ来たことはありませんでした

Img_1608_2 Img_1613

しかしバイクで走ってみると車のようにテンパって走らないため、

こんな水飲み場やまたもキノコを発見

この白いキノコは何でしょうねぇ?

食べれるのかしら???

Img_1626_2

それはさておき、

森の中へと続く枝道に入ってみると辺りは一面杉だらけで、

早朝もあって静かで神秘的でした

しかし、熊に出くわすとたまらんので早々に退散し林道へと戻りました

Img_1632

林道の最高峰あたりでパチリ

ご覧のとおりウチの実家は庭にカモシカが来たり、

柿木に熊が登って食っているほどの山の中なのです

Img_1636

林道の頂点にはオフロード場にでも出来るのではないかという広さの

空き地?資材置き場?もあり、

ご覧のように少しだけですがフラットダートもありました

でも向かって左側は崖で、操縦ミス=死って感じだったので

ド素人の私はトコトコとトレッキング状態で終わりました

それにしても、オンロードでは味わえないところまで

踏み入れるのがオフロードの魅力ですな

これからもちょくちょく林道などへ行ってみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての上高地

今月上旬の3連休は富山の実家で用事があり、

ひとりCRFに跨り朝早くからレッドブルを飲んだかのように旅立ちました

Img_1346

三才山トンネルを使い松本へ抜けて、

沢渡駐車場にバイクを止めてからバスに乗り換え、一路上高地へ

今まで何回も安房トンネルを通ってましたが、

その度にマイカー規制となっている上高地へ

行ってみたいと思っていました

バスのアナウンスでは、帰りはバスターミナルから乗らないと

混んでいる場合途中からなかなか乗れないとのことだったので、

とりあえず大正池で降りて河童橋まで歩くことにしました

Img_1373

バスから降りるとすぐこの景色

池の水は透き通り遠くには穂高連峰?が見え、

まるで日本ではないかのような景色でした。

それからテクテク他の観光客の後をついて歩いて行き、

時折カメラでバシバシキレイな景色を撮影していきました

Img_1400_2 Img_1415_2 Img_1427_3

辺りを見回してみると、

ライダージャケットを着て歩いているのは私だけの模様・・・

でもこの格好でも汗ばむことはないほど涼しく、

山に登る人は更に寒いのだろうなと感じました

Img_1419

キレイな木立の森を抜けると急に開け、田代池に着きました。

大正池とは違い田代池は湿地帯といった感じで、

森の中にぽっかり開いた草むらから望む穂高連峰もまた格別でした

Img_1480

更に森を歩いていると、倒れた木から美味しそうなキノコが生えていました

形よし色よしと良い感じのキノコでしたが、

得体の知れないキノコを食べるなど無謀なマネはしませんよ

Img_1504

途中ウェストン碑先の河原で昼食タイム

持参したバーナーでお湯を沸かし、

味気ないですがコンビニで購入したおにぎりと

マツタケ風お吸い物でお腹を満たしました

その後は川沿いの道を通って河童橋へ辿り着きました。

Img_1540 Img_1579

河童橋はバスターミナルから気軽に来れて

更に景色も良いためか、かなりの観光客が居ました

そこで「写真撮ってもらえませんか?」と声をかけられ、

穂高連峰をバックに写真を撮ってあげた4人組の男性に聞いてみたところ、

今から山に登るとのことでした

いつか私も登ってみたいなぁ~とは思いますが、

全然知識がないので訓練が必要ですね

その後、とても名残惜しかったですが上高地を後にし、

新穂高の湯に入浴してから無事に富山に着きました

それにしても上高地は、

沢渡から2,000円のバス代を払うだけの価値がありますね

今度は嫁さんと息子も連れて来たいですが、

2~3時間も歩けるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なめこ

今日は長男の遠足?日帰り旅行?らしく、

嫁さんが体調が悪いのにせっせと朝早くから弁当を作っていました。

長男も成長したのか今回はキャラ弁を断り、

普通のお弁当ということになりました

Img_2778

それでもアクセントとしてか、

長男がはまっている『なめこ』ちっくなものをウズラの卵で再現した模様

Img_2779

なんでも熱いうちに形を整え、

一晩かけて頭の部分だけめんつゆに漬けて色付けしたそうです。

そーいえば、先日色を強めにして撮ると

美味しく見えるとテレビでやっていたのでやってみるとその通りでした

まだまだカメラマンのスキルを上げなきゃなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

motoGP 第15戦 日本GP

昨日は『ツインリンクもてぎ』で『motoGP日本グランプリ』が行われ、

生憎現地へ応援に行けなかった私はテレビで観戦していました

「あー、懐かしいなぁ~」と昔あのコースを走ったことを思い出してました

それにしても今回のレースは初めっからクライマックスって感じで、

波乱だらけでとても楽しめました

まさかラストラップで3位を競い合っていた

クラッチローがマシントラブルになるとは・・・

また先日のケガから復帰したストーナーも頑張って5位という結果で、

見に行きたかったなぁ~という思いで一杯でした

しかし、まだV.ロッシがHONDAで走っていた2001年に、

友人のチケットで見に行きましたがこんな感じでした

Dsc00007

全く小さくて分からず、いま何周目?誰がトップなの?って状態

ちなみに2番目を走っているのがロッシです

この頃はカメラもショボかったからなぁ

来年はロッシがヤマハに移るそうで王者復活かって感じで楽しみです

Img_2777

それとNSR250がフィギュアになってウチに帰ってきました

ケロロ軍曹でおなじみの吉崎観音先生作の擬人化フィギュアを

先日富山へ帰郷した際に発見し即購入してまいりました

正確にはREPSOLではなく、PELSOLになってますがね

それにしても良い仕事してますなぁ

これでNSR250が居なくなった寂しさが紛れますわ

ちなみに本日はmotoGPを見たせいもあり、

久々にNSR50で出勤いたしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »