« 北海道上陸5 日目 | トップページ | おはようございます »

北海道上陸6 日目

Img_7144
今さっき、汽笛が苫小牧東港に鳴り響き、車とバイク、トラックに牛、そして1台の自転車を載せ北海道の大地から離れてました。

働いている時と変わりませんが、時が経つのは早いものですね。あっという間の1週間でした。

Img_7244

この旅の最中に8年前と同じように、今年初頭に買ったと思われる最新刊であろう『キノの旅』を毎日1話ずつ読んでいましたが、今回はもうひとつ『お茶が来る前に』と一緒に買った『空の彼方』と言う文庫本も可能な限り1話ずつ読んでました。

前回はキノと同じ様に、我がモトラド(注:2輪車)の600Fで一人旅をしていました。しかし今回は空の彼方の様に、結婚して籠に入ってしまった私はバイク10周年を名目に籠の外に出してもらい、自由に北の大地を飛び回らせてもらえました。明日からはまた籠に戻り、大空を見上げながらしばらく生きていきたいと思います。

しかし、これも1週間我が息子達を一人で面倒を見てくれている嫁さんのご厚意があってこそです。…何かまるで懺悔をしているようですわ(*_*)

そんなことより今日は札幌を出発し、大通り公園でテレビ塔を背にバイクと一緒に写真を撮ろうと思っていたのですが、あまりの通勤客で恥ずかしくて止めておきました(^_^;)

Img_6973

その後、ひたすら積丹へと走らせ、2時間半かけて積丹岬へと来ました。でも駐車場から300mあるので、トンネルを抜けてすぐの島武意海岸で綺麗な積丹ブルーの海岸を見て、今回の目的でもある『なぎさ食堂』のウニ丼を食べて来ました。

Img_6987 Img_6989

ウチらの他にお客が誰もいなかったので、店のお母さんと戦時中、小樽の空襲があったとか、漁船がグラマンにやられたこと、今もある神威岬のトンネルなどは弾薬庫だったなどの話を聞く事が出来ました。お母さんも80歳だというのに、あんなに元気なのはウニを食べているからでしょうか?

Img_7036

それからは積丹ブルーの海を右手に見ながら南下し、道道66号(ニセコパノラマライン)でニセコへ出ました。この66号は長野のビーナスラインの様に景色が良く、道もワインディングが楽しめる素晴らしい道でした。

Img_7051

ニセコからは羊蹄山の南側を走り支笏湖湖畔から苫小牧へ抜けて来ました。あんなに綺麗な支笏湖なのに、写真を撮ろうとビューポイントを探して走ってましたが、全て木に邪魔されて1枚も撮る事が出来ませんでした。

苫小牧にはかなり早く着いてしまい、仕方なく新しく出来たのかウトナイ湖の道の駅で餌付けしてはいけないのに、コイの餌と称して餌付けしているおっちゃんと白鳥を見て、近くにある『味の大王』のカレーラーメンを食して来ました。

Img_7069

カレーラーメンは、まぁカレーうどんがラーメンになっただけのような気がしましたが、スープが普通のカレーの様に濃厚でスパイシーな為、猫舌で辛いものにはめっぽう弱い私には、かなり酷でした。でも美味しかったですよ♪

Img_7090

そんなこんなで北海道の旅は終わりましたが、次はまた10年後かなぁ。その時は長男にバイクの免許を取らせ、親父が生きてたら親子孫ツーリングと行きますかo(^-^)o

Img_7121

そうそう、苫小牧東港に は頭の良い狐がいて、トラックドライバーさんにちゃっかり餌をもらっていました。くれぐれも化かされないように

|

« 北海道上陸5 日目 | トップページ | おはようございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道上陸6 日目:

« 北海道上陸5 日目 | トップページ | おはようございます »