« NSR250入院 | トップページ | プラズマテレビ »

行ってきました高橋留美子展

ふっふっふ・・・予告通り『高橋留美子展』をみに行ってきましたよ。銀座まで

銀座は生まれて初めてでしょうか?銀座=ブランド街と言われているので、さぞ高層ビルやキレイなビルがあるのだろうと思いつつ地下鉄の階段を登り地上に出てみると、そんなんでもありませんでした「これだったらアキバの方が良いなぁ。」と思ってしまうのはオレだけでしょうか・・・?

お目当ての『松屋』を探し通りを歩いていると、『dunhil』や『Tiffany』といった聞いたことのあるブランドのお店があちこちにあり、さらに通りを走っている車の中にベンツやフェラーリを何台かお目にかかりました。フェラーリなんてそうそう見ないですもんね(ちょー田舎ッペ)

松屋に入ると速攻8階へ向かいましたエスカレーターは一度7階で途切れ、別の場所のエスカレーターで8階へ。もうこの時点で8階は催事場とレストラン街しかないので、(大抵の人は留美子展を見に来てるんだな。)と思ってしまいました

Dsc002928階に着くなり「展示場は何処だ!」と探すと、最初に目に入ったのが入口の先の人だかり混んでるんだろうとは思っていましたが、まさかこれほどまでとは・・・。チケットを購入し中に入るも原画を見る人でなかなか先に進みませんでした。

内部構成は『うる星やつら』→『めぞん一刻』→『らんま1/2』→『犬夜叉』→『短編集』となっており、めぞん一刻のフロアでは総一郎さんの犬小屋や一刻館の入り口やミニチュアモデル、さらには管理人部屋まで再現されており、リアリティにあふれていました原画や参考の為に持っているのでしょう、たぶん犬夜叉を描くときに参考にした日本刀の模造刀や1ポンドの福音で参考にしたのであろうボクシングのヘッドギアとグローブが展示されていて、「漫画家はやっぱ大変だなぁ・・・。」と実感しました。

短編集のフロアを過ぎるとこの展覧会の為に作ったOVAを日替わりで上映していたので見てきました。今日は『犬夜叉』でしたが、最終日の明日はたしか『らんま1/2』だったような気がします。家庭の都合上ちょこっとしか見ませんでしたので、話の内容は分かりませんでしたが、鉄砕牙と天生牙がどうのこうのというお話でした

その先は有名な漫画家さんが描いた『うる星やつら』のラムちゃんの絵画を展示したありましたが、少年サンデー系の漫画家はもちろん、あずまきよひこ先生の描いたものもありました

かなりの人がいたのでなかなかゆっくりと見れませんでしたが、とても良かったです。お土産売り場では、ボールペンや団扇、携帯用品などのキャラクターグッズはもちろん、お酒や菓子類、漫画やDVDなど(良く考えるなぁ。)と思うほど多種多様なグッズが売っていました。会社の漫画オタクの上司に頼まれたラムちゃんのポストカードも当初はかなり沢山の種類があったのでしょうが、オレが買いに行った時にはもう数種類しかありませんでした恐るべきるーみっくファン・・・。

高橋留美子展の後は「せっかく銀座まで来たのだから・・・。」とあらかじめGoogleマップで調べておいた汐留の日テレまで歩いて行きました。「お台場のフジテレビで『お台場冒険王』をやっているぐらいだから、何かやっているのだろう。」と思い行ってみると、こっちはこっちでかなりの人だかりができていました。

Dsc00289「まずは飯が先!」と隣のビル(汐留シティセンター)にある『ベトナムフロッグ』でベトナム料理を頂きましたランチタイムだからかランチセット1000円前後でリーズナブル店員さんもべトナムから来ているのか片言の日本語がまた良かったです生春巻きやフォー?も美味く、また大抵の人は苦手と聞く『パクチー』なる香草も初体験してきました

パクチーはコップに入った状態で「いくらでも入れてください」と言わんばかりの状態で持ってきてくれたので、ドサッとフォーに入れてみました。自分的には聞いていたほど何とも無く食べることができました。そのままサラダでもいけます一緒に行った嫁さんや嫁さんのお母さんは引いていましたが・・・

Dsc00283_2Dsc00288_2その後は日テレを一通り見学してきました。『崖の上のポニョ』を映画でやっているせいかポニョのクラゲバルーンや宗助の等身大撮影用フィギュア展示してありました。バルーンの中で子供が遊べるみたいですが、内部はどうなっているか分かりませんでした。また、宗助の等身大フィギュアのポニョは定期的に口から水をピロピロ出す仕掛けもありました

Dsc00287他には『スカイ・クロラ』で登場する機体の1/2?模型などがどうも売り物なのか400万円弱と書いてありましたが、「家の庭に置いておきてー」と思うほどすばらしい出来でしたでも400万あったら普通にバラックで作れそうだけどなぁ。

また、屋内でスカイ・クロラの3D映像を公開しているとの事で、るんるん気分で見に行くと3Dメガネを渡されるも6分くらいの紹介映像の後の3D映像はたったの2分ほどで「え?これだけ??」と声に出したが最後、ウチの子供は「これだけですかー?」と係の人に聞きまくるし、他の人も同じ事を思っていたのか皆唖然もしくは大爆笑していました

Dsc00286_2 スカイ・クロラを見た後丁度15時前だったので、『ハウルの動く城』が公開されていた時期に作られた宮崎駿デザインのからくり時計を見て、日テレショップで買い物をして汐留を後にしました。

帰りは悩み抜いた結果、「やはり原画集を買おう!」と心に決め、また銀座の松屋へ戻ることに途中、お菓子屋で有名な『とらや』で1000円以上もするかき氷を食べてきましたもう店に入る前から今日食べた昼飯より高いかき氷を食べるなんてありえないと思いつつ、お母さんのおごりだったので注文するととても美味かったです特に宇治金時が

宇治金時の他に銀座店限定の苺と氷あずきを注文しましたが、やはり宇治金時が一番でしたね濃い抹茶と底のあずきが甘すぎず何とも言えない絶妙な甘さ加減で、すぅーっと甘さが引いていく感じです。長瀞のかき氷屋さんのとはまた違い、さすが高いじゃなかった『とらや』だけあってとても美味しかったです

Dsc00293_2そして、また松屋の8階まで上り原画集を購入して帰ってきました。この時もう既に17時位だったので空いているだろうと高をくくっていたのですが、オレが入ったときと同じように入り口は渋滞していましたありえねぇ。流石にお土産売り場のレジは渋滞していませんでしたが、帰りにやっぱ買おうと思っていたラムちゃんのキーカバーは既に売り切れだったのか、らんまと響子さん、犬夜叉しかありませんでした・・・後悔先に立たずとはこのことですね

しかしまぁ、来場者の年代はほんとバラバラでした犬夜叉目当ての中学生っぽいのから、うる星やめぞん世代のおばちゃんクラスまで千差万別でした高橋留美子展に行っておいてなんですが、まじめに最初から最後まで読んだのは昨年嵌った『めぞん一刻』のみで、あとは犬夜叉をちょこっとTVで見ていたくらいで大して知らないのですこれを機に、うる星やらんまなど読んでみたいと思います。また、最近完結したと聞く犬夜叉の結末も知らないのでそちらの方も見てみたいですね

|

« NSR250入院 | トップページ | プラズマテレビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました高橋留美子展:

« NSR250入院 | トップページ | プラズマテレビ »