« ジャガイモほりほり | トップページ | 箪笥の肥やし »

ダンボールコンポスト 33日目

Dsc00235 ダンボールコンポストを始めてからすでに1ヶ月を越えました。しかし、最近生ごみの消化が悪く、ピートモスも水分を含んでいるのかサラサラせずダマになりつつあります。もうそろそろ限界かな?

ネットで調べてみると、この状態から2~6ヶ月も寝かせて熟成させるそうです6ヶ月って言ったら年越しちゃうじゃんピートモスは酸性らしいので石灰などで中和した方が野菜などには良いそうですよ。たしかブルーベリーとかは酸性を好むから、この状態でも蒔いても良いかもしれません。ちなみに自分が思うにはダンボールでなくても発泡スチロールの方が保温性も良く、ハエなどの虫も入りにくいので適しているような気がします今度試してみようかな?

Dsc00234_2 小さいながらも我が家の家庭菜園では、勝手に生えてきたかぼちゃの成長が著しく、すでに2/3ほどを征服されましたましてやその侵略範囲を広め、隣んちの畑や庭にまでその範囲を広めようとしています。ここまで成長したのだから、ちゃんとかぼちゃを実らせて欲しいものです。ちなみに昨年のかぼちゃは収穫が早すぎたのか、ちっとも甘くなく中の実の色も薄い黄色だったので失敗しました

|

« ジャガイモほりほり | トップページ | 箪笥の肥やし »

コメント

こんばんは
私もダンボールコンポストやっています。
投入開始で1ヶ月ですか?まだまだ継続して投入可能だと思います。
写真で見る限り、水分が低いような感じですが、どうでしょうか?
最適水分は、40-60%です。
それから、投入生ごみをもう少し細かく切って投入されては?

投稿: Matabola | 2008年7月 1日 (火) 00時11分

Matabolaさん、アドバイスありがとうございました
早速今朝米のとぎ汁を少々入れてかき混ぜて行ったら、夕方には中が熱くなっていました
始めてこのかた水分など全然気にしていなくて、かえって水気がない方が分解が進むと思っていました

あと、写真に写っていたニンジンの茎やらキャベツの芯は分解が無理そうなので今日捨ててしまいました。

これからも色々アドバイスよろしくお願いします

投稿: ふらんかー | 2008年7月 1日 (火) 21時26分

米のとぎ汁には栄養もあるので、いいんじゃないですか?
水分が多すぎると、通気性が悪くなります。
少なすぎると、微生物が働かない。
何事もほどほどですね。

キャベツの芯やニンジンの茎も分解できますよ。
1cmに切ってやるといいですが・・・・
分解は微生物の力で起こりますが、表面積が大きくないと分解が早くなりません。
ニタヨウナもので、トウモロコシの茎は非常に分解しにくいです。

投稿: Matabola | 2008年7月 1日 (火) 23時13分

水分調整はなかなか難しそうですね
ウチでは米のとぎ汁は家庭菜園に撒いたり、芝生に撒いたりと有効活用してます
他にはホットケーキを作った際に生地が付いたボウルを水で洗い、結構栄養がありそうなのでその水を庭に撒いたりしてます

キャベツの芯やニンジンの葉といったものは、気付くと嫁さんがすでに三角コーナーの生ゴミの中に入れてしまっているので、それをまたまな板の上で細かく切るのはやめようと思い、そのままコンポスト行きにしていました
今度嫁さんに頼んで細かくしてから入れておいてもらうようにします

投稿: ふらんかー | 2008年7月 2日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンボールコンポスト 33日目:

« ジャガイモほりほり | トップページ | 箪笥の肥やし »